普通救命講習

 

仕事の一環で『 普通救命講習 』を受講してきました。

DSCF0594

講習内容は心肺蘇生、自動体外式除細動器(AED)の使用方法、窒息の手当等です。10年以上前になりますが、自動車免許取得時に教習所で心肺蘇生法は習いました。AEDの使用方法に関しては今回が初体験。 

AEDは空港や飛行機内、ホテルなど、公共施設に広く設置されています。最近では、鉄道の駅構内でも見かけるようになりました。これまでは、医師しか使用が認められていませんでしたが、消火器などと同様に、万一の事態が発生した際には、その場に居合わせた人が自由に使えるようになりました(もちろん正しく使用できることが前提ですが)。 

製造元により操作方法に多少の違いはあれど、どれも音声案内に従って操作するようになっており、思ったほど難しいものではありません。その操作の中で、電気ショックを与える為の電極パッドを患者の右胸上部と左わき腹に貼り付けるのですが、素朴な疑問が…

 

胸毛が濃い人は大丈夫なんでしょうか…? ( ̄Д ̄;)

 

講師の先生に尋ねてみると、胸毛が濃い場合、電極パッドが剥がれてしまうコトがあるそうです。そんな時は所定の箇所より少し離れたところに貼って対処するそうです。なるほど!それが分かっただけでも講習を受けた甲斐がありました! (・∀・) ←他にも勉強になったコトあるだろ!笑

AEDの操作方法はそれほど難しくないとはいえ、使用しないで済むのなら、それに越したことはないですネ (・・;)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください