東京までの長旅そしてトンボ帰り(富士山、浜名湖、富士宮やきそば)

 

とある用事で、ロングドライブしてきました。目的地は…TOKYO 

 

FDで東京まで行くと、地球上の化石燃料を全て使い果たしてしまう !? ので、今日はFD出番なし。今回の旅のお供は 借り物の ヴィッツ君。
DSCF1063
直列3気筒の1000ccのモデルです。10・15モード燃費は22km/L らしいので、距離にはもってこいですネ。リッターモデルなので、エンジンのスペック的には軽ターボよりちょっとだけパワフルかな?という程度ですが、車重が軽く走り始めが軽快なので、あまり不満は感じません。ハイウェイでは、高速巡航も楽勝です。ただ一旦速度が落ちると、再加速する時に少しパワー不足を感じます。
DSCF1065
乗り心地は普通!?なのかもしれませんが、FDのハードサスペンション&フルケットシートによって、段差を越える度に内臓が揺すられる感覚に慣れてしまった私にとっては快適極まりない乗り心地。そんなヴィッツ君で出発です。 

 

 

まず最初に休憩したのは浜名湖SA
DSCF1030

 

 

浜名湖 ↓ よい眺めですなぁ (゜▽、゜)DSCF1024

 

 

ここ浜名湖SAには、なんと “ 恋人の聖地 ” なる場所が!
DSCF1029

 

 

どれどれ、ちょっと覘いてみると…
|゜Д゜)コッソリ
DSCF1026
全然カップルいねーよ ( ̄ω ̄ i) 

 

 

ん !? …いや、ひと組いました。
DSCF10262 DSCF10272
でも、たったひと組だけ…恋人の聖地なのに…遠くて良く見えないケド、二人ともオッサンだったりして…(゜д゜;)日本の少子化は進む一方ですな (汗) …先を急ぎましょう。

 

 

 

浜名湖SAを出てしばらく走ると、見えてきました。
マウント富士 !!
DSCF1040
お天気も良く、とてもキレイに見えました。 テンション上がります(笑)

 

 

DSCF1041
そーいえば、富士山の真西面側にある“大沢崩れ ”という大規模な侵食谷をご存じでしょうか? いわゆる土砂崩れなんですが、なんと毎日10トン積みのダンプカー約30台分の土砂が崩れているそうです。ただし、1000年程かけて侵食が進んで今の状態になったので、これから数十年で山体が大きく変化することはありません。

 

 

 

その後も適当に休憩しつつ東京へ向かいました。で、さっさと仕事を済ませトンボ帰り。帰り道に首都高デビュー!
DSCF1050

 

 

さすがにややこしい(汗)おとなしく ナビに従ってやりました (´▽`;)
DSCF1049

 

 

途中で、建設中のスカイツリーがちょこっとだけ見えました。
DSCF1044

 

 

首都高から東名へと乗り継ぎ、しばらく走って富士川SAへ。
DSCF1053

 

 

ここで腹ごしらえです。 B級ご当地グルメの祭典B-1グランプリで、なんと2年連続日本一に輝いた
富士宮やきそば !!
DSCF1055 DSCF1054
ギザうまス (´▽`)

 

 

それから箱根西麓でとれた三島馬鈴薯(メークイン)で作られた
みしまコロッケ
DSCF1056

 

 

こちらは、B-1グランプリ9位という微妙な順位 !? ですが、なかなかの美味。
DSCF1057

 

 

この日は暖かかったので、バイクもちらほら見かけました。
DSCF1052
早くツーリング行きたいね。

 

 

富士川SAをでた後、何度か小さい渋滞を経て、伊勢湾岸自動車道の長島PAでちょっと休憩。 小腹がすいたので、五平餅をペロり。 香ばしくて良いお味です。
DSCF1068

 

 

ちなみに、ここ長島PAの展望台から ナガシマスパーランドが見えるんですが、アトラクションがライトアップされてて、ロマンチックな雰囲気です。浜名湖SAの“ 恋人の聖地 ” よりも、はるかにカップルが多いです(笑)
DSCF1075
ライトアップされてるのは、世界最大級の木製コースター“ ホワイトサイクロン ”ですかね。以前、社員旅行で長島温泉&スパーランドに来たことがありますが、悪天候でホワイトサイクロンに乗れなかったというイヤな思い出が…(>_<)

 

 

予定よりもずっと遅くなってしまったので、長島PAを最後にノンストップで大阪まで走りました。 今回はあまり時間が無かったので断念しましたが、いろんなSA・PAに立ち寄り、“ 片っ端からご当地グルメ食べまくり ” を、いつかやってみたいと企んでます ( ´艸`)

 

 

帰宅後、おみやげに買ってきた 安倍川もち うなぎパイをペロリ
DSCF1085 

あー疲れた。おしまい。

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください