FD3S ツインターボへの切り替え不良

 

最近どうもブースト計の動きがおかしいFD君。 調べてみると、インテークパイプからプレッシャーチャンバーに向かって設置されているワンウェイバルブがパックリ!! (゚Ω゚;)
DSCF1087
プレッシャーチャンバーに空気(圧力)を溜めて、セカンダリータービンへの 排気通路を開閉するアクチュエーターを動かす仕組みなので、この状態だと ツインターボに切り替わらず、高回転でパワーがでません。

 

 

新しいのに取り替えても良いのですが、どうせまたパックリ状態になるので、 ボンドで固定して、タイラップで縛りあげました(内部にはフィルターが入っていたと思います)。
DSCF1088
完璧です。これでビンビンにブーストかかるハズ (´▽`)

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください