バイクシート加工と張り替えで足付き良好ライディングフォームも安定!

 

ZX-10Rのシート加工&張り替え。シート生地は滑りにくいタイプをチョイス。
DSCF0001

 

 

 

まず、マイナスドライバーとペンチを使ってシート生地を留めているステープルを取り除き、シート生地を剥がします。

 

 

 

シート生地が剥がれたら、シートスポンジを削ります。使用する工具はシート加工の必須アイテム『アラカン』 これでシートスポンジを削って形を整えます。いわゆるアンコ抜きです。
DSCF0003

 

 

 

削り始めるとスポンジまみれになってしまいます!削りカスが厄介ですので、室内でやる場合は要注意!シートに跨った時、股がフィットする箇所を低くするだけではなく、跨った時に足をまっすぐ出し易いようにシートの角を落とすイメージで削ります。削る位置は予めマーキングしておくと良いでしょう。
DSCF0006

 

 

 

シートスポンジを削り終わったら、次はシート生地の張り替えです。シートを張るときは、縦方向に仮止めしてから、横方向  に強く引っ張って固定するのがコツです(下図参照)。そうすれば横方向から見て窪んだ形状のシートでもキレイに張ることができます。
車種専用で裁縫されたものなら簡単ですが、1枚の生地をそのまま張る場合は少し難易度が上がります(写真は加工前のものです)。
DSCF0007

 

 

 

そんなこんなで完成!ビフォーアフター
シート比較

シート比較2
足付きは格段に良くなりました!(・∀・) また、形状と生地のおかげで、加減速時・コーナリング時のフォームがかなり安定します。ただし、スポンジが薄くなったので、乗り心地は少し悪化する可能性があります。

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください