GSX-R1000シート張替え

 

GSX-R1000(K5・K6)の純正シートは柔らかく、座り心地は悪くないのですが、滑り易いので張り替えることにしました。

↓純正シート
DSCF1003  

 

 

今回用意したのはコチラ

シート生地・防水用ナイロン・補修用スポンジ・補修用生地・ハンドタッカー・送料  全部合わせて 5000円
DSCF1001
一般的な糸で縫製されているシート生地は、紫外線等で劣化し、スグに糸が切れてしまうそうですが、今回用意したシート生地れにくい特殊加工糸が使用されているそうです。また、生地のディンプルレザーにはウーリーナイロンが使用されており伸縮あるのでとても張り易いとのこと。 

さて、さっそく張り替え作業開始!と、その前に心配事が一つ…実は、K5・K6のシート生地は設定が無かったので、形状が近いK7・K8用を選択しました。比較してみると、シート後部の張り出し具合がか少し違うのですが…まぁ、引っ張ったらなんとかなるでしょう…たぶん ( ̄ー ̄;)

 

 

まずは純正シート生地を剥がします。ステープルを外すには、先の細いマイナスドライバー等があれば便利です。
DSCF1006  

 

 

生地を剥がした後、大きなキズや凹みがあれば、補修用スポンジを使ってキズを埋めるように補修していきます。今回は大きなキズは無いので補修の必要は有りませんでした。

次に防水用のビニールを被せます。 スプレーボンドを使用すればキレイにビニールを貼れると思いますが、スポンジが痛みそうなのでボンドは使用しませんでした。
DSCF1007  

 

 

一応、シート生地の縫い目には防水用ボンドが塗られています。
DSCF1002  

 

 

ビニールの上から新しいシート生地を被せて、シワを取りながらタッカーを使って生地を固定していきます。手でシート座面を軽くつまむとシワができる程度、ちょっと張りが緩いかも !? ってぐらいの張り具合がちょうど良い張り具合です。純正シートもそれぐらい緩く張られています。きつく張るシワになりませんが、シートベースのフチが当たる形状のシートでは当たりがきつくなり、こすれて破れやすくなったりしますので注意が必要です。

 

 

↓そして…完成 !!
DSCF1008 DSCF1011

DSCF1012
K7・K8用 を使用した為、後部はかなり引っ張っていますが、なんとか上手く張り替え出来ました。純正と比較すると明らかに滑りなったと思います!効果の程は後日…( ´艸`)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください