シフトインジケーター異常(ギアポジションスイッチ故障)

 

GSX-R1000は K5モデルから、シフトインジケーター(ギア表示) が標準装備されていますが、その表示内容がおかしくなることがよくあるみたいです。

わたしの愛機も例に漏れず、表示されるギア数と実際のギア数が違うことが 頻繁に発生するようになりましたが、オークションでギアポジションスイッチが安くゲット ↓ できたので、とりあえず取り替えてみることに。
DSCF1184

 

 

まずはスプロケカバーをとりはずします。
DSCF1186

 

 

がギアポジションスイッチです。これを取り外して付け替えるワケです。
DSCF1187

 

 

取り付ける時は、エンジン側とスイッチ側の凹凸を合わせて取り付けます。
DSCF11912

 

あとはタンクを上げて、メインハーネスからのカプラーを付け替えるだけです。付け替え後、近所を少し走ってみましたが、どうやら解消したみたいです(・∀・) 

最近のリッタークラスのバイクはかなりの高出力エンジンを搭載している為、低いギアポジションパワーが制限(点火進角を抑える等)されており、5・6速などの高いギアポジションの時にはじめてフルパワーとなります。なので ギアポジションスイッチからの信号に異常あれば、そのパワー制御に不具合が生じる可能性がありますね。 

逆にその制御方法を利用し、ギアポジションスイッチ部分に加工を施す事により、ECUに対して常に高いギアポジションの信号を送り(ECUにギアポジションを誤認させる)、低いギアポジションでもフルパワー化できるパーツも市販されてます。 

ちなみに、私の愛機はサブコン(バザーズ)によりオートシフター機能を備えていますが、1速→2速では 50ms、2速→3速では 40ms といった具合に、各ギア間毎に点火カット時間を設定していますので、ギアポジションスイッチからの信号に異常あれば、こちらも影響あるハズ(汗)再発しないコトを祈りましょう…(・ω・;)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください