GSX-R1000ファイナル調整完了(純正より少しショート)

 

だいぶ時間が掛かってしまいましたが、やっとGSX-R1000のファイナル調整完了しました。

 

純正は  F17-R42(2.47) です。
最初に  F16-R43(2.68) に変更するもチョットやり過ぎ。

最終的に     F16-R41(2.56) で落ち着きました。

  ※F:ドライブスプロケット、R:ドリブンスプロケット

 

純正よりほんの少しだけショートになった感じですね。 結局、もう一枚買うハメになっちゃいました(泣)
DSCF0857
サーキット限定で、私のような一般ライダーが単純にタイムを縮めるという目的だけなら、ストレートでタイムを稼ぐのが一番手っ取り早いので、もっとショートでもよいかもしれないですが、たまにサーキット走る程度ですから、普段の使い勝手を考慮した結果です。 

ちなみに、ショートにすると最高速が落ちるのでは??と思う人もいるかもしれませんが、SSではけっこうロングな設定の機種が多いので、ショートにして回した方が最高速も伸びることがあります。まぁ、サーキット専用車両ならまだしも、一般的な使用方法においては、少し最高落ちても何の問題も無いですネ。 

今回のファイナル変更で、フロント・リア共に純正スプロケよりも小さいサイズなりましたが、チェーンは純正と同じ110リンクを選びましたので、結果的にリアアクスルを1センチほど後方にセットするコトができる為、スイングアームを長く使えて、スロットルのオン・オフに対する挙動がマイルドになるハズです。

もちろん、ホイールベースが長くなるので、旋回性は低下するかもしれませんが、ハイサイドで大ジャンプを記録 !? しちゃった私にとってはスロットル操作する反応の方が、よっぽど重要です(^▽^;)

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください