ステムベアリンググリスアップ

 

先日の鈴鹿ツインサーキット走行時、フロント廻りに少しだけ振れを感じました ((( ;゚Д゚)))ガタガタ  気のせいかもしれませんが、今までは何も感じなかったので、一応ステダンとステムをチェック。


  

まず、カウルを取っ払います。
DSCF0383
ここ迄でもけっこう時間かかっちゃいます。フルカウル車はケッコウタイヘンです (TωT )

 

 

まずはステアリングダンパー。こちらは異常なし。
DSCF0387

 

 

続いてフロントをリフト状態でステムをチェック
DSCF0388 DSCF0398
ステムのガタを調べるには、フロントスタンドは使えないので、オイルパンにジャッキをかけて車体を支えます。 オイルパンだけだとバランスが悪いので、予備でエキパイにも。チタンのフルエキがいい色に焼けとるねぇー ( ´艸`)

以前、ブレーキジャダーの原因究明中、ステムベアリングのグリスアップと締め具合の調整をしたので、ひょっとしたら、少し緩んでガタが出たのかも !? と思ったのですが、ステムのガタはありませんでした…的はずれ !? (゜д゜;)

まぁ、せっかくここまでバラしたので、グリスアップもやっちゃいます。

 

 

ステムベアリングのグリスアップ
DSCF0389

 

 

ヘッドパイプのアウターレース
DSCF0396 DSCF0395
ヘッドパイプ側のレースに上下とも少しキズがありましたが、指で触ってみてもほとんど抵抗がないので、今回は見なかったコトにします(;`∀´) 次回交換ですね。

 

結局、原因は不明のままですが、そんなに激しい振れではなかったので、少し様子ですね。

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください