K&Nエアクリーナー洗浄 スロットル清掃

エアクリーナー&スロットルの清掃しました。


◆スロットル清掃
まず、エンジンを始動して暖機します。エンジンを止め、エアクリーナーボックス開けてスロットルの吸入口からインジェクションクリーナーをたっぷりと注入。
DSCF0850 DSCF0805
5分ほど放置し、アクセルを大きめに開けた状態でエンジンを始動(アクセルを開けてないと、エンジンが始動し難いです)。アクセルを大きく開けたまま、再度吸入口よりクリーナーを注入します。この時、マフラーから白煙が出ますが気にする必要はありません。そして、ご近所さんの冷たい視線も気にしてはいけません…( ̄ω ̄ i)

の後、エンジンを止めて、エアクリーナーボックスを閉めてから、再びエンジン始動し、マフラーから白煙がでなくなるまで、空ぶかしして完了。 

スロットルの清掃をすると、アイドリングが上がるはずなのでアイドリング調整も必要です。ちなみに、かなり近所迷惑なので、爆音マフラーの方はご注意を!

 

 

◆エアクリーナー洗浄
私のGSX-R1000は K&N 製のエアクリーナーを使用していますので、洗浄して再利用可能です。洗浄には、専用のクリーナーとオイルを使用します。
DSCF0853
まず、専用クリーナーで古いオイルを落として、水で洗い流します。この時、ゴミが入り込まないように空気の流れと逆向きに水をかけます。次に、引っかかっている小さな虫を取り除きます。RAM圧過給システムを採用している車種は虫だらけになってるハズ(汗)これはかなり細かい作業なので、途中で キィー!!ってなっちゃいます (`皿´;)

 

その後、自然乾燥させて、オイルを塗布して作業完了。ドライヤーを使って乾燥させると生地を傷めてしまいます。また、オイルを塗り過ぎると吸気抵抗になるし、スロットルが汚れるので、ほどほどに。
DSCF0649
綺麗になりました(・∀・)! コレといって走りが変わるわけじゃないですが、清掃して綺麗になると気持ちい~ (´∀`)

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください