GSX-R1000リアブレーキメンテ(パッド交換、ピストン揉み出し)

 

GSX-R1000リアブレーキのメンテしました。

DSCF1035

 

 

 

まずはキャリパーの清掃です。
DSCF1039
ぎゃー!汚い!特に内側(ホイール側)の汚れが目立ちます。 この汚いキャリパーを…

 

 

 

こうして↓
DSCF1064

 

 

 

シャキーン(`・ω・´) きれいになりました
DSCF1071

あとはシリコングリスやメタルラバー等をピストンに薄~く塗り、モミ出しをして動きを良くしておきます。さすがに走行距離が延びてきましたので、以前よりだいぶピストンの動きが硬くなっていました。リアキャリパーもそろそオーバーホールしないといけませんネ。

 

 

 

今回はパッドも交換です。右が新品です。
DSCF1047
中央の溝が無くなったら交換ですネ。ただ、溝が無くなる頃にはピストンが
出る割合が大きくなり首振りするようになってフィーリングが悪くなってると思います。

 

 

 

パッドは社外品にしようかと思いましたが、リアブレーキが効きすぎても危ないので純正にしました。純正はニッシン製ですね。
DSCF1050

 

 

 

パッドは当りがつきますので、メンテ時に左右が解り易いようにけがきを入れて、初期のなじみが良くなるように角を落としておきます。
DSCF1055
DSCF1058

 

 

 

つぎにパッド背面にパッドグリースを塗って組み付けします。
DSCF1075 DSCF1074

 

 

 

パッドスプリングは再使用です。パッドピンは新調しました。
DSCF1079
パッドピンはパッドとの接触箇所に段差ができてきたら パッドがうまくスライドしなくなるので、要交換です。

 

 

 

最後にフルードも交換して完了でーす。
DSCF1081 DSCF1085

 

次はフロントキャリパーのメンテですね。フロントは面倒なんで、チョット嫌いです。あと、そろそろタイヤも交換。他にもメンテ箇所が山のように…(汗)

 

暑くなる前に終わるだろうか (・_・;)

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください